アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
待ち時間

就活とは、学生が就職するために活動することです。企業を訪れたり、履歴書を送ったり、面接を受けたりするなど、一連の行動を指し、内定を得るまで続けるのが一般的です。

就活にはさまざまな方法が見受けられ、主にエントリーシートを作成して提出しますが、その内容はとても大切ですので、不安を感じる場合は添削を依頼することも可能です。インターネットで検索すれば、就職を支援するホームページがあり、登録すれば利用できます。

エントリーシート添削する必要性
エントリーシートは添削が必要です。

志望動機、自身に何ができるか等を企業に的確にアピールし、目に留めて貰うには、勝負する前に誰かに読んでもらいアドバイスをもらいましょう。

自身のアピールに何が足りないのかを知れば、通らなかった場合でも反省点が明確になります。反省点が曖昧なままでは、また同じ事を繰り返し、気分も落ちてやる気が無くなってしまいます。

添削する事で確実に次へと繋ぎ、就活もやりやすくなるのです。

就活の対策
就職活動、通称「就活」といわれる高卒生や大卒生が就職に向けた大変厳しい活動があります。

この就職活動において多くの企業でエントリーに際して課せられるものの1つにエントリーシートがあり、多くの企業においてエントリーのはじめに課すもので、次回選考に進めるか否かの資料にもなる最初で重要なものです。多くの人の場合、確実に通過したいという想いから企業に提出する前に就職課の担当者に添削をしてもらい、直すべきところを適切に直してから提出をするものです。

就活の効率
就活の効率を高めるために必要なことは、情報収集の効率化です。学生は、企業のコーポレートサイトや就職活動の専門情報サイト、就職活動用の掲示板などから就活に関する情報を素早く入手し、取捨選択する必要があります。

このような情報にアクセスする端末をいかに活用するかが効率化の決め手となります。外出中や移動中にタブレット端末やスマートフォンでスケジュール管理を行う、説明会へのエントリーをするなど、すきま時間にもいかに作業を進められるかが重要です。

面接官

就職活動においてエントリーシートの提出を課す企業が多くあります。

中身は志望動機からこれまでの経歴、取り組みなどを書かせる場合が多く、いわゆる書類審査にあたります。

書類審査という側面だけでなく、その後の面接の際などにも参考資料となるため、出来不出来が就活を左右すると言っても過言ではありません。

そのため、このエントリーシート対策がとても大切です。学校や公的機関、予備校などでアドバイスを行ってくれる場合がありますし、最近では添削を行ってくれるサービスを展開する企業も出てきています。

エントリーシートの必要性
就活で用いられるエントリーシートですが、これは企業が就職希望者をふるいにかけるために必要なものです。

特に大企業ともなると、応募者が殺到するのですべての応募者と面接をするとなると多大な時間を必要とします。そのため、エントリーシートを用いて効率的に面接希望者をふるいにかけ、応募者を絞り込むのです。

就職を希望するものにとっては、第一関門となる書類なためそこを通過するために添削をしてもらうなどの対策も必要となります。

エントリーシートの添削で就活を成功させる
添削とは他人が書いた文章を、間違っている語句や不自然な表現を訂正したり、書き加えたり削ったりすることで、よりよいものにすることをいいます。

今日、企業の選考試験を受けるためにはエントリーシートの提出が求められますが、特に自己PRと志望動機に関しては何を書けばいいのか迷うものです。また言葉遣いや表現が適切かどうか判断できず、何日かかっても完成できなかったりします。

書類選考を通過するためには、就活のプロに添削してもらうのがベストです。

添削の方法
文章の添削は、一度書き上げた物をはじめからじっくりと読み返し、誤った個所を見つけて直していくことによって行います。ただし、自分で読んでも間違いには気づきにくいため、他人に見てもらうことが多いです。

添削には、十分な注意が払われることがあり、就活の際のエントリーシートもそのうちの一つです。これ一つで就職できるか否かが左右されることもあるので、念入りにチェックを行います。これをサービスとして提供しているところもあります。